RoHS対応化宣言
2005/10/12

RoHS指令とは

2003年1月、EU(欧州連合)は電子電機機器に含まれる特定有害物質※の使用を制限する制定を可決いたしました。
同指令は2006年7月1日より施行され、それ以降特定有害物質を含む対象製品は原則として同地域では販売することができません。
また、EU以外の国や地域に於いても「環境問題」への関心の高まりから工業製品へ有害物質の使用を制限する動きが加速しています。

※特定有害物質6品種
「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(多臭素化ビフェニール)・PBDE(多臭素化ビフェニルエーテル)」



データリンクの対応

弊社では、将来的に製品の全てをRoHS指令に対応すべく、早い時期から調査・検討を開始いたしました。
さらに、RoHS対応品を他社に先駆けて発売するため、部品調達から保管、生産、納品に至るまでのRoHS専用システムを構築し、また弊社独自の品質検査を徹底させることで特定有害物質の完全なる撤廃を実現いたしました。
つきましては、2005年11月より「RoHS指令対応品」の販売を順次開始いたします。
RoHS対応品には「RoHS指令対応品シール」を貼付して標準品と区別いたします。


化粧箱貼付シール 製品本体貼付シール
尚、製品化の初期におきましては、RoHS対応資材および鉛フリーによる製造工程などが標準品より割高な為、苦渋の決断で販売価格に反映せざるを得ないことをここにご報告し、ご理解を賜りたいと存じます。
今後とも弊社製品のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。