RS232C/RS422レベル変換コネクタセット

マニュアルダウンロード

Po422-CS(CP)はRS232C/RS422変換コネクタセットで、2台1組で使用します。

端末側のRS232Cコネクタの違いで、 Po422-C と Po422-S のセット【Po422-CS】と、 Po422-C と Po422-P のセット【Po422-CP】の2種類があります。

市販のLANケーブル(ストレート)でRS232C機器間を最大500m延長可能です。

端末側のACアダプタは不要で、さらに端末機器に対して給電が可能です。



     
Po422-C Po422-S Po422-P


   
※写真は、Po422-CS ( Po422-C と Po422-S のセット)


【接続構成イメージ】
  




【特徴】
Po422-CS/Po422-CP はDsub9のRS232Cポートへ直結して使用可能な小型・軽量コネクタサイズのRS232C/RS422変換コネクタセットです。


RS232C機器間を最大500m延長可能です。(端末のRS232C機器に給電しない場合。)


2台1組で使用します。端末側のRS232Cコネクタの違いで下記2種類のセットがあります。※1

【型式:Po422-CS】:PCのRS232Cポートに直結できるPo422-CとDsub9ピンオスのRS232C端末に直結して使用可能なPo422-Sのセット

【型式:Po422-CP】:PCのRS232Cポートに直結できるPo422-CとDsub9ピンメスのRS232C端末に直結して使用可能なPo422-Pのセット



RS422ケーブルはLANケーブル(ストレート)を使用し、このケーブルにRS422の送受信データと電源が割り当てられます。※2


RS422側はRJ45コネクタを実装しており、市販のLANケーブル(ストレート)がそのまま使用可能なので設置/敷設作業が容易に出来ます。
(LANケーブルはお客様手配またはオプション販売。)



給電は主局側のPo422-C付属のACアダプタから行い、端末側のPo422-S(-P)はLANケーブルを通して受電します。さらに端末側のPo422-S(-P)のDCジャック部から外部機器へ電源供給できます。

(機器供給電圧5V〜8.5V、距離によって制限あり)→通信距離と出力電圧の相関図



変換されるRS232C信号線はデータ線(TXD、RXD)のみです。


オプションLANケーブル(ストレート)の販売も行っております。(屋内用:100m,200m,300m)

※1 Po422はセット販売品です。

ご注文の際の型式は
【Po422-CS】または【Po422-CP】になります。


※2 使用可能なLANケーブルはストレートケーブルだけです。クロスケーブルは使用出来ません。



【概略仕様】   
単体型式 Po422-C Po422-S Po422-P
動作条件 温度:0〜50℃ 但しACアダプタは0〜40℃(結露なきこと)
最大通信速度 115.2Kbps
変換信号線 TXD/RXD
外形寸法(mm) W33×H19×D60
重量(g) 約24g 約25g
供給電源 付属ACアダプタ※1 ※2 
消費電流 50mA/9V (最大)
最大通信距離 500m
RS232C Dsub9Pメス Dsub9Pオス
RS422 RJ45 Normal RJ45 Reverse 

※1 付属ACアダプタの入力電圧範囲はAC90〜264Vです。(出力はDC9V)PSE,UL規格取得済みです。
※2 Po422-S(-P)の給電は主局側のPo422-C付属のACアダプタから行いLANケーブルを通して受電します。
Po422はPower over RS422の略です。


【プライス】
型式 標準販売価格
Po422-CS(2台1セット) \39,000
Po422-CP(2台1セット) \39,000
LANケーブル(100,200,300m) (別途見積)
上記は税抜き価格です。
消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。

このページのTOPへ