1対4 USB/RS422(RJ45仕様)マルチプレクサ

マニュアルダウンロード 


  【DMX-USB/RJ】は発売中の【DMX-USB】の姉妹機種でPCなどのUSB制御器と最大4台のRS422(RS232C)端末機器とのデータ通信を行います。

  基本的な使用方法は市販のLANケーブルと別売のRS232C/RS422変換コネクタ【RSCV-RJ/S】を組み合わせてUSB/RS232Cマルチプレクサとして使用します。

  DMX-USB/RJと端末機器間は最大1.2Kmの延長が可能です。

  RS422チャンネルはフォトアイソレートし耐ノイズ性能を高めています。




DMX-USB/RJのフロントとリア


【接続構成イメージ】

◆RS232C/RS422変換コネクタ【RSCV-RJ/S】を組合わせた接続イメージ




(RS232CコネクタがDsub9ピンオスの【RSCV-RJ/P】も使用可能)




◆端末側に市販のローゼットを使用した接続イメージ




     


【特徴】
【DMX-USB/RJ】は好評発売中の【DMX-USB】のスレイブ(RS232C)をRS422(RJ45)にした製品です。

1台の制御器(USB)で4台のRS232C(RS422)端末機器との通信が可能です。


基本的な使用方法は、端末側に別売のRS232C/RS422変換コネクタ【RSCV-RJ/S】を組み合わせ、USB/RS232Cマルチプレクサとして使用します。

  別売品RS232C/RS422変換コネクタ【RSCV-RJ/S】 (ACアダプタ付属)

※RS232CコネクタがDsub9ピンオスの【RSCV-RJ/P】の組合せも可能です。



【DMX-USB/RJ】 と【RSCV-RJ/S】間は面倒なケーブル製作・配線が不要な市販のLANケーブルが使用可能で最大1.2kmまで延長可能です。


【RSCV-RJ/S】を使用しないで市販のローゼット(RJ45/単線ケーブル変換)を使用すれば通常の4線のRS422ケーブルとしての使用が可能です。

  株ェ光電機製作所製ローゼット(MJ-8S)※お客様手配品


  USBドライバソフトはFTDI社製のFT4232Hを使用しておりUSBはUSB1.0フルスピード(12M)およびUSB2.0ハイスピード(480M)に対応しています。


RS422の4チャンネルはVCP(仮装COMポート)に対応しており、PCのCOMポートにそれぞれ割り当てられます。

従来のマルチプレクサのようなチャンネル切替命令はありません。


RS422の各チャンネルは個別にフォトカプラで絶縁されノイズの波及による障害を軽減します。


電源はマスタチャンネルを接続するPCから供給されます。


RoHS指令対応品です。

従来のDMX200,DMX400,DMX900シリーズなどのマルチプレクサとは仕様が異なります。

デモ機の用意もございますので、詳しくはお問い合わせください。


【概略仕様】   
型式  DMX-USB
動作条件  温度 ±0〜+50℃

湿度 30〜80%(結露なきこと)
電源 マスタチャンネルを接続するUSB(PC)より給電
消費電力 約2.5W/100V
実装インターフェイス USB(1.0、2.0)×1 / RS422×4
USBコネクタ  シリーズBメス
RS422コネクタ  RJ45メス
変換信号線 TXD±/RXD±
RS422通信速度/距離 最大230.4Kbps / 最大1.2Km
対応OS 日本語 Windows7 / Windows8
絶縁機能 RS422チャンネル個別にフォトカプラで絶縁
外形寸法(mm) W132*H26*D88 (ゴム足などの突起物は除く)
重量(g)
約330
環境規格 RoHS指令対応


【プライス】標準販売価格
型式 標準販売価格
DMX-USB/RJ ¥58,000
RSCV-RJ/S ¥19,500(ACアダプタ付属)※弊社別売品
RSCV-RJ/P ¥19,500(ACアダプタ付属)※弊社別売品
MJ-8S(ローゼット)  株ェ光電機製作所製 ※お客様手配品
上記は税抜き価格です。
消費税に関する法律に基づき消費税をご請求申し上げます。
MJ-8Sはローゼットの推奨品です。

このページのTOPへ