Dsub9ピンコネクタ仕様 RS232Cマルチプレクサ

マニュアルダウンロード 


1台の制御器で複数のRS232C機器をコントロール可能です。

DMX900シリーズはコネクタをDsub9ピンとした新シリーズです。

RoHS指令対応!絶縁機能付き!通信速度115.2Kbps対応!低コスト!


 

※写真は左からDMX908のフロント、リアです。


【接続構成イメージ】




RS232Cのインターフェイスを持つ複数台の計測器、バーコードリーダ等を一元管理・運営することが可能です。

ポーリングの機能を使用すると、コマンドを発行してチャンネルを切り替えることなく、データの収集を行うことも出来ます。

     


【特徴】
【DMX900】シリーズは1台の制御器と複数台の端末機器とのデータの送受信を行うことが可能なインターフェイスです。

1対7(DMX908)と1対15(DMX916)の2つのモデルがございます。


チャンネル切換の方法などは、ASCIIの文字列によるコマンドによって行います。※1


各チャンネル個別に入出力バッファを持ち、未接続状態の複数の端末機器からのデータを保持します。

異なる通信条件間の通信に入出力の同期をとります。


各チャンネルごとにフォトカプラで絶縁されており、ラインノイズによるPCなどの破損を防ぎます。


  各チャンネルの通信条件は、個別に設定可能で、通信条件が統一出来ない異機種間の接続にも柔軟に対応します。

 通信速度  1200bps〜115.2Kbps
 ストップビット  1/2
 パリティ  奇数/偶数/なし
 ビット長  7/8
 フロー制御  XON/XOFF
 RTS/CTS
 DTR/DSR


チャンネル切換のコマンド以外にもマルチプレクサを制御するコマンドが豊富に用意され、ホストアプリケーションの負担を軽減します。※1


 
 ●バッファのクリア ●送信停止・再開 ●制御ライン監視
 ●自動スキャン ●ライン単位読出 ●制御ライン制御
 ●同報通信

弊社製品のUSB/RS232C変換機を使用することにより、USB機器の接続も可能になります。

※1 従来のDMX300,DMX400シリーズのコマンドとはフォーマットが異なります。詳しくはお問い合わせください。


【概略仕様】     
型式  DMX908 DMX916
動作条件  温度 ±0〜+50℃

湿度 30〜80%(結露なきこと)
温度 ±0〜+50℃

湿度 30〜80%(結露なきこと)
入力電圧範囲 AC85V〜AC132V(50/60Hz) AC85V〜AC132V(50/60Hz)
消費電力 約7W/AC100V 約13W/AC100V
コネクタ Dsub9ピンオス(DTE配列) Dsub9ピンオス(DTE配列)
チャンネル数  8(1対7) 16(1対15)
インターフェイス  調歩同期RS232C 調歩同期RS232C
バッファメモリ マスタチャンネル:入出力共256Kbyte

各スレイブチャンネル:入出力共15Kbyte
マスタチャンネル:入出力共256Kbyte

各スレイブチャンネル:入出力共15Kbyte
絶縁機能 各チャンネルごとにフォトカプラで絶縁 各チャンネルごとにフォトカプラで絶縁
外形寸法(mm) W390×H44×D225  W390×H60×D225
重量(kg) 約1.7 約2.2
環境規格 RoHS指令対応 RoHS指令対応


【プライス】標準販売価格
型式 標準販売価格
DMX908 ¥225,000
DMX916 ¥376,000
上記は税抜き価格です。
消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。

このページのTOPへ