RoHS対応イーサネット(Ethernet)/調歩同期(RS232C)プロトコルコンバータ

マニュアルダウンロード 


イーサネットにRS232C機器を直結して通信することが可能です。

※前後形状提示のため、2台で撮影しております。


【接続構成イメージ】



     


【特徴】
Enet-R-RoHS】は、【Enet-R】のRoHS対応モデルです。

外観、仕様共にEnet-Rとコンパティブルです。


【Enet-R-RoHS】は、イーサネットと調歩同期シリアルの1対1のインターフェイスです。


シリアルチャンネルの通信条件、イーサネットチャンネルの各種アドレス等の設定をプログラムモードで一度行い、フラッシュROMに記憶させます。


適切な設定がされた互いのプロトコルは、相手プロトコルを意識した複雑な手順を組むことなく、通信を行うことが出来ます。


各種設定条件のフラッシュROMへの記憶は、調歩同期RS232Cを使用するか、またはTELNETLOGINにて行います。


  シリアルチャンネル側に入力バッファ96kバイト、出力バッファ96kバイトを持ち、異なる通信手順の同期を取ります。


イーサネットチャンネルは、10Base-T、100Base-TXに標準で対応しています。(自動認識)

イーサネットチャンネルには、TCP/IPプロトコルを標準で搭載し、TCP/IPソケット通信、もしくはUDP、FTP※1、TELNET※2を用いてネットワーク通信を行います。



  調歩同期シリアルチャンネルは、RS232C[DTE配列]Dsub25ピンメスで、ターミナルを使用して通信条件の設定を行います。

 通信速度  300〜230400bps
 ストップビット  1/2
 パリティ  奇数/偶数/なし
 ビット長  7/8
 フロー制御  XON/XOFF
 RTS/CTS
 DTR/DSR
 データパケット区切り  デリミタコード/タイムアウト/データ長


オプションの監視ソフト(EnetWatch For Win95/98)を使用すれば、最大100台の【Enet-R-RoHS】または【Enet-R】の状態監視が可能です。

※1 FTPプロトコルは、サーバ側機能の一部のみをサポートしております。

※2 TELNETプロトコルを使用してEnet-R-RoHSの設定を行います。TELNETプロトコルはEnet-R-RoHSの各種設定専用に使用されます。



【従来より機能強化された主なポイント】 
フラッシュROMを内蔵していますので、プログラムのバージョンUP等が容易に行えます。   調歩同期シリアルチャンネルの通信速度が最大230400bpsとなりました。
コネクション切断時の自動再接続機能など新しい機能が追加されています。 2バイト単位デリミタコードに対応しました。
VCCI(ITE) ClassA準拠です。 100Base-TXに対応しました。


【概略仕様】   
型式  Enet-R-RoHS
動作条件  温度:±0〜50℃ (添付のACアダプタは±0〜40℃)
湿度:30〜80%(結露なきこと)
ACアダプタ入力電圧範囲 AC90〜132V(50/60Hz)
本体入力電圧範囲 DC5V(±5%)
本体消費電流  5V/590mA(最大)
外形寸法(mm)  W120×H30×D189(突起物を含む)
重量(g)  約610(本体のみ)
本体消費電流  25mA/AC100V (2W)
コネクタインターフェイス   シリアル側 Dsub25ピンメス(DTE配列)
 イーサネット側 RJ45 [10Base-T/100Base-TX(自動切換)]
搭載プロトコル   シリアル側 調歩同期無手順
 イーサネット側 TELNET(一部),FTP(一部)、TCP/IP、UDP、ICMP、ARP 


【プライス】標準販売価格
型式 標準販売価格
Enet−R-RoHS \81,600
上記は税抜き価格です。
消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。

このページのTOPへ