GPIBから入出力TTLを制御可能

マニュアルダウンロード




【特徴】
GP-IBを通して、入出力TTLレベルを制御することが可能なインターフェイスです。


BCDデータ、ストローブ入力をサンプリングすることが可能です。


コントロールポートは、GP-IBです。


入力32ビット、出力32ビット、パルス入力1ビット、パルス出力1ビットを持ちます。 (パルスのレートは、最大10KHzです。)


入力ポートの変化を検出してコントローラへSRQをかける動作をプログラムすることが可能です。

GP-IBのアドレスセット及び、デリミタはディップスイッチで選択可能です。



【概略仕様】   
型式 GPIO64
コントロールポート GP-IB
コントロールコネクタ IEEE-488準拠
I/Oコネクタ アンフェノール36ピンメス
外形寸法(mm) W286×H42×D168
重量(Kg) 約1.2
入力電圧範囲 AC85〜134V
消費電力 AC100V/5W


【プライス】標準販売価格
型式 標準販売価格
GPIO64 \98,000 
上記は税抜き価格です。
消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。

このページのTOPへ