WindowsXP(32bit),Windows7〜10対応 RS232C Analyzer

 マニュアルダウンロード


超小型・軽量・低価格のRS232Cアナライザーです。

[CW232/V]の上位機種で、機能を大幅に向上させたモデルです。

USBケーブルは標準添付しています。



※前後形状比較のため2台並べて撮影しています。


【接続構成イメージ】





【特徴】
[CW232/V-Black]はコネクタがDsub9ピンタイプの[CW232/V]の上位機種です。

従来製品[CW232/V]の持つ機能を大幅に向上させています。


Dsub9ピンコネクタを持つRS232C機器に直結が可能です。


USBを通してモニター用PCと接続します。

(添付のアプリケーションソフト CW-Analyzerを使用。)


PCから通信速度などの測定条件を設定します。


サンプルデータと制御ラインデータはPC上に表示されます。


サンプルデータの表示・保存・再生・印字機能を持ちます。


  タイムスタンプ機能を持ちます。


測定可能な最高伝送速度は230.4Kbpsです。


  サンプルデータをテキストファイルに変換して保存でき、使い慣れたエディタで表示が可能です。

更にPCのハードディスクに保存することにより、長時間のサンプリングが可能です。




【従来機器との比較】     
型式 CW232/V CW232/V-Black
ケース色 アイボリ− ブラック
メニュー等表記言語 英語 日本語
測定可能な最大通信速度 115.2kbps 230.4Kbps
タイムスタンプ最小オーダ 10msec 1msec
DateTime(日時)の挿入 不可 可能
ASCII表示設定したログを
16進数(HEX)へ切替る
不可 可能
新機能@ HDDへの長時間ログファイル複数生成時のログ収集時間の想定が容易
(ツールバーへの機能追加)
新機能A TXDとRXDのデータを時系列に別々の位置に表示
新機能B 検索方法が便利に(画面ジャンプ機能追加)
新機能C 長時間モニタ開始時にデータ収集の開始が画面で分かる機能追加
OS WindowsVISTA(32bit)まで WindowsXP(32bit)、Windows7~10
ご注意:

従来品のCW232/V(CW232)とCW232/V-Blackではドライバソフト/アプリケーションソフト共に互換性はございません。

従来品で保存したログはCW232/V-Blackのアプリでは開くことが出来ませんのでご注意ください。




【概略仕様】   
RS232C通信条件
通信速度 50bps〜230.4Kbps
データ長 7or8の指定が可能
パリティ None,Odd,Evenが指定可能
STOPビット 1or2が指定可能
設定の通信速度でデータをモニタ可能かどうかは、PCの処理能力に依存します。

PCの処理能力によっては取りこぼしの可能性があります。下記推奨環境をご確認下さい。
動作環境
OS 日本語 WindowsXP(32bitのみ)/Windows7~Windows10 
CPU Intel Pentium/Celelon 2GHz以上
(以降の推奨環境について、使用するPCのOSが推奨するスペックを満たす必要があります。)
 
メモリ 256M以上
ハードディスク 300M以上の空き容量
USB USB2.0(USB1.1でも動作は可能)
その他 チップセット内蔵以外の外付けグラフィックカードを推奨します。
アプリケーションプログラムインストール時にCD-ROMドライブが必要です。
プログラムの動作に必要なメモリ容量、ハードディスク容量等は、ご利用のシステム環境によって異なる場合がございます。

上記推奨環境にてテストを行っておりますが、お客様の環境によっては完全に動作を保証出来ない場合もございます。

OSは全て日本語版のみの対応となります。


【モニタ画面サンプル】

 ■アスキーコード表示例
  

 ■制御線表示、タイムスタンプ(1msec)表示例
  

他のモニタサンプル画面はこちらをクリックしてください。
 


【プライス】標準販売価格
型式 標準販売価格
CW232/V-Black \29,800
上記は税抜き価格です。
消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。

このページのTOPへ